• ホーム
  • ラブグラは女性用バイアグラとして一般の通販で販売されている?

ラブグラは女性用バイアグラとして一般の通販で販売されている?

2020年04月08日
考えている女性

アジャンタファーマが製造するラブグラは、バイアグラ錠のジェネリック医薬品です。有効成分はシルデナフィルで、1錠あたり100mg配合されています。ラブグラも含め女性用バイアグラは全般的に日本では未承認の医薬品のため、一般の通販で購入することはできません。病院での処方や、ドラッグストアにおける販売もされていません。

しかし海外では、女性用バイアグラを治療薬として使用することが認められています。そのため国によっては病院で処方してもらえますが、未承認の日本における入手方法は個人輸入代行サイトの利用に限られます。

個人輸入代行とは、購入者の代わりに海外製医薬品を輸入しているサービスです。そのサイトではラブグラなど様々な海外製医薬品が取り揃えられており、一般的な通販サイトのように会員登録をして必要とする商品を選択します。個人輸入代行に対しては法的な面で心配になる方も少なくありませんが、日本の法律では禁じられておらず、条件を満たせば抵触もしません。

条件はいくつか存在しますが、重点は商品を直接販売していないことです。個人輸入代行はあくまで個人が求める海外製品の輸入を代わりに行う存在であり、医薬品を提供する会社ではありません。サイト利用者が医薬品を購入すると代行者が海外の製造販売元に発注をかけ、輸入手続を行います。そして、発注を受けた製造販売元が購入者のもとへ商品を発送する、といった流れが基本です。

医薬品を商品在庫として所有し販売することと、個人輸入を代行することでは関係する法律が異なります。そのため、個人輸入代行を謳うところが医薬品を購入者に渡す・発送する・販売することは認められません。あくまで発注や輸入の手間を代わりに担ってくれるサービスであり、ドラッグストアや製薬会社とは異なる存在になります。

注意すべきこととして、性に関する医薬品は偽物が多いという点が挙げられます。偽物と呼ばれるものには、有効成分が含まれていない・毒物(重金属)が含まれている・毒物と有効成分が両方含まれているものがあります。重金属は身体に悪影響を及ぼすため、それを副作用と勘違いさせて効いていると誤解させる目的で配合されています。

偽物は輸入代行を謳う悪質サイトが取り扱っているため、利用する個人輸入代行サイトの見極めが必要です。相場価格より安過ぎる、電話番号・住所・製造販売元・品質保証書・問合せ機能がない、翻訳機丸写しの不自然な日本語などは注意ポイントになります。

ラブグラの相場価格は、1箱4錠入り980円です。これよりもかなり安いのは魅力ですが、偽物の可能性が高いため安易に手を出さないでください。また、問合せ機能があってもアドレスがフリーメールではなく、有料アドレス(infoで始まるアドレス)であるか否かを確認してください。安全な利用のため、不審な点がない良質なラブグラ通販を解説しているサイトを参考にしましょう。