薬を飲む女性

男性は加齢・ホルモン分泌機能の低下・ストレスなどを原因としてED(勃起不全)を起こすことがありますが、医学的にEDは男性機能の低下だと言われます。女性もEDのように、加齢やストレスなどで女性機能低下を起こすことがあります。その代表的な状態として挙げられるのは、性的刺激による膣分泌液の減少・それに伴う性行痛・不感症です。

これら女性機能低下を改善するため、男性用バイアグラと同じ成分を基に開発されたのが女性用バイアグラです。しかし他医薬品と同様、効果と副作用などについては事前に知っておかなければなりません。安全に使用し期待通りの効果を得られるよう、購入前・服用前に効果と副作用を把握しておきましょう。

女性用バイアグラは低副作用で機能向上効果を発揮する治療薬

女性用バイアグラには、性的刺激抑制成分PDE-5を抑制する作用と女性器周辺の血行を促進させる作用があります。性的刺激を抑制する成分PDE-5の働きを妨げ、性器周辺の血行を良くして性的興奮状態と同様の状態になるよう促すことで、感度向上効果を発揮すると言われています。また、上記の作用により性的刺激にやる膣分泌液も増加することが見込めます。それにより挿入時の痛みが軽減され、性行痛が改善します。

いつしか不感症や性行痛を生じるようになった方はもちろん、もともとエクスタシー(絶頂感)を得にくい方にも効き目を発揮することが分かっています。他にも、MTF(男性体だが自己認識は女性)の方で適合手術を受けた後の体でも良好に作用したとの報告があります。適合手術後の体では機能上性的な反応が起きにくいと言われているため、そういった悩みや難しさを感じている方にも女性用バイアグラはおすすめです。

女性用のバイアグラに対して持たれることが多い誤解として、性的興奮の増加があります。女性用バイアグラはあくまで女性機能の向上を促す治療薬のため、いわゆる媚薬のように性的興奮および性欲を増加させる効果はありません。期待できるのは膣の濡れ・感度増加といった体的な作用のみであり、心的・脳的な面に働きかける作用は皆無です。

そのため、性欲はあるのに分泌不足で性行痛があったり不感症になっている方に使うものです。そもそも性欲がない場合は、服用して機能的感度は良好になっても精神的な面で起きる高揚感は得られません。この話における重点は、性欲がない方には向かないということです。性行痛や不感症でなくても性欲があって分泌増加・感度向上を求めているなら、治療薬ではなくピンクアイテムとして女性用バイアグラを試してみても良いでしょう。

続いて、副作用についてです。女性用バイアグラで起こり得る副作用には、頭痛・ほてり・めまい・動悸・胃痛・消化不良・鼻詰まりが起きやすくなるなどがあります。しかし出現率はかなり少ないため、医薬品としての危険度は高くありません。ただし、個人の状態や体質によっては重篤な副作用が起こり得ます。

使用厳禁にあたるのは、併用禁忌薬を使用中の方、そして病気などで治療に不向きな状態にある方です。服用中の薬がある方は、併用リスクを考慮して医師や薬剤師に相談してください。健康体でも強い副作用が出た場合は、重金属を配合した偽物の可能性があります。このような状態が治らない時は、服用した薬を持って医療機関で診てもらいましょう。また、バイアグラ同様にグレープフルーツジュースなどのフクロマリンを含む飲食物と一緒に摂取してはいけません。また、医薬品の成分はいずれにしても指定用量以上服用すると副作用が出やすくなります。女性用バイアグラの用法は1日1錠と決まっているため、次服用は24時間以上置いてからにしてください。

用量は大方体格で決まるため体重が平均以上の方は効き目が芳しくない可能性もありますが、24時間に1錠は厳守しましょう。逆に小柄な方は1錠では多いこともあるため、1錠を割った半分くらいが丁度良い用量と言われています。しかし体格問わず副作用の懸念はあるため、初めは半分から始めることをおすすめします。

効果の発揮力に関しては、食事との兼ね合いについても注意が必要です。バイアグラ成分は食事の影響を受けやすい性質を持つため、空腹時の摂取が最も効果を発揮すると言われています。そのことから空腹時の服用が適切とされますが、食後に予定がある場合は食事から1時間前後くらいに服用しましょう。

女性用バイアグラの効果持続は服用後30分?1時間程で発揮され、それから5時間程持続しますが、ピークというものがあるので性行為前30分?1時間前に服用することが勧められています。食後すぐに性行為をすることは心臓や消化器官の健康上勧められませんが、食事の1時間前に服用しても作用は5時間程持続するので、予定に合ったタイミングで取り入れましょう。